学生の頼もしき味方、キャッシング

学生はいつもお金のやりくりに困るものです。人付き合いでどんどんお金がなくなってしまいますし、人によっては学費の支払いや家賃、生活費などをわずかな収入の中から捻出しなければなりません。
それならまだいいのですが、急に大きな支出があると資金繰りに行き詰まってしまうことが有ります。そんな時に非常に役立つのがキャッシングです。

キャッシングって高金利で危ないんでしょ?と思う方もいるかと思います。たしかにそれはある意味事実ですが、使い方を誤らなければ危険なものではありません。
というのも、キャッシングの高金利で悩む人は借り過ぎである場合が多いのです。

支払い能力を超えたキャッシングをすることで返済できなくなり、結果として金利に苦しめられてしまうのです。
逆に言ってしまえば、自らの支払い能力をしっかりと把握し、返済計画を立てることが出来ればキャッシングは非常に強い味方となります。

その理由はいつでもキャッシングできるから、です。

今すぐお金が必要で、手持ちがない…でもすぐに返すことは出来る、こんな時にキャッシングをすることで資金繰りを上手くいかせることができます。
銀行からお金を借りるには担保が必要で保証人も必要です。審査も厳しいです。

しかしキャッシングはそんなことありません。いつでも手軽にお金を得ることが出来ます。
しかもキャッシングをすることで、友人にお金を借りて嫌な空気になり関係が壊れる、ということはありません。

親に借りて嫌味を言われることもありません。キャッシングは学生の頼もしき味方なのです。

キャッシングの増額申込みのタイミング

キャッシングを利用するときに「融資の限度額」をどれくらいに設定するかで迷う方がいらっしゃると思います。

もしかしたら、高い金額を提示しすぎると審査に落ちるんじゃないか?と思って希望よりも低めに提示する方もいるでしょう。

しかしながら、キャッシング会社の審査基準がそれぞれに存在しているので、主に収入額によって融資額が決まりますから、
少し上の金額を提示したとしても、限度額が下げられた上で融資の手続きが進んでいきます。

ですから、使いたい額よりも少し高めに申請をしておいた方が、希望額どおりになる可能性もあります。

しかし、収入額が現段階ではそれほど高くないという方にとっては、キャッシング会社の融資限度額が少し低いなと感じられることがあると思います。

そういうときには増額を申し込むことになりますが、キャッシングを利用し始めて数ヶ月くらいではなかなか増額されることはありません。

では、どれくらいの期間になれば大丈夫なのかというと、大体1年くらいを見ると良いでしょう。

つまりは、返済をしっかり行い、遅延がないという人であることが確認されることによって、融資額が増えても問題がないと判断されるわけです。
なので、まずは普通に利用して信用度を上げることが先決です。

キャッシングの申し込みを初めてした話です。

私はキャッシングの申し込みは無人契約機を利用しました。少し離れた所にプロミスの無人契約機が出来たので気になっていたのですが、給料日前でちょっとお金がピンチだった時に思い切って利用してみる事にしました。

直接無人契約機に行っても良かったのですが、サイトを見ているとネットから申し込む事も出来たので、必要な情報を入力して申し込むと、すぐに審査OKの結果が出て驚きました。特に返済能力に問題が無ければ審査はスムーズに行われるようです。

ネットで申し込んだ後に無人契約機へ行き、こじんまりとした無人の建物の中へ入ると、さらに間仕切りがしてある部屋が有り、その中に無人申し込み機が有りました。そこでネットで申し込んだ情報以外の質問などを入力して待っていると、カードが自動で発行されました。もっと緊張する物かと思っていたら、すんなりスムーズに落ち着いて機械を操作する事が出来たので良かったです。

カードとともに限度額などが書かれた紙も発行され、その場で自分のカードの利用額などを知る事が出来て便利でした。融資を受けるATMは同じ建物内に有りましたので、そこで少額借りて帰って来ました。

給料日に返済に行ったのですが、返済は会社の近くのATMで行う事が出来、無事キャッシングを最初から最後まできちんと利用する事が出来ました。融資を受ける人が快適に利用できるようにいろいろ工夫されているので、そういうサービスの品質は銀行などよりも上だなと私は思います。

これからお金がピンチな時に上手に利用して行きたいです。

銀行のカードローンなら総量規制の対象外

キャッシングをする為に消費者金融から借りたりしますが、消費者金融は貸し出しに制限が有って、その制限に引っ掛かる人はカードローンの契約が出来なかったり、増額申請を断られたりします。

その貸し出し制限は総量規制といって、貸金業法で個人への貸し出しは他社との合計で年収の3分の1までと規制されています。さらに50万円以上借りる場合や他社との合計が100万円以上になる場合は収入証明書の提出が義務付けられています。

総量規制は法律なので守らないと行政処分を受けますので、消費者金融は総量規制を厳守して制限に引っ掛かる場合は融資を断ります。

そしてこの規制はすべての貸金業者に適用されますから、クレジットカードにキャッシング枠が有るとそれも貸し出し額に適用されて、その額も含めて年収の3分の1までしか借りることが出来ません。

ただ総量規制は貸金業者だけに適用されて銀行は総量規制は関係ないです。だから銀行のカードローンでしたら総量規制の対象外なので、貸し出し制限は無いです。

つまり消費者金融からいくら借りていても銀行は貸し出し制限が無いから、銀行ならカードローンを契約出来ます。しかし銀行も審査が有って返済可能と判断しないと審査が通りませんから、収入に対しての借入額が多い人は銀行のカードローンでも借りることが出来ない場合が有ります。

また借りられても銀行にも極度額といってその額までしか貸せない制限があるので、銀行ならいくらでも借りられるというわけでは無いです。

キャッシングの増額申し込みについて

カードローン審査パーフェクトガイド
http://www.zumweissentiger.com/

今まで一度も海外旅行に行ったことがなかったのですが、旅行のパンフレットを見ながら、友人と色々話しているうちにどんどんと行きたくなってしました。

しかし、当時はあまり生活に余裕がなかったため貯金がありませんでした。ですがどうしても友人との思い出作りも兼ねて海外旅行に行ってみたかったので、キャッシングをして行ってみようと思いました。

私がそのとき所有していたカードのキャッシング利用可能額は少なかったため、増額の申し込みをしてみることにしました。増額申請は初めてだったのですが流れ的には以下のように行いました。

・カスタマーセンターに電話をしてキャッシングの増額がしたい旨を伝える。

・担当者に変わったら、増額の利用とその期間について話をする。

・受け付けが完了したら審査の結果がでるまでしばらく待つ。

私の場合は割と早く結果が来ました。

お昼に増額申請の申し込みをして、その日の夕方には増額問題なしとの連絡が来たので1日もかからなかったです。

おそらくメインで使っているカードで一度も遅延なく支払っていたために簡単に審査が通ったのかなと思います。

なにはともあれ割と簡単に増額の審査が完了したため、ほっと一安心しました。

増額をしたおかげで金銭的に困ることなく初めての海外旅行を楽しむことができました。
返済するのは確かにそこそこ大変でしたが、行きたい時に友人と一緒に行けることができてよかったです。

また困った時は増額の申請をしてキャッシングをしてみようと思いました。

キャッシングの審査基準

キャッシングは各社それぞれ審査基準があり、職業や収入によって審査に通りやすいサービスというものが存在します。

審査の通過率を上げるために、よく色んなカードローンに同時に申し込むことを考える人がいますがお勧めはできません。

信用情報というものをご存じでしょうか。キャッシングを利用したりローンを組んだりするときに参照される個人の信用が記録されているもので、金融機関などで共有されています。

審査に落ちるとこの信用情報が汚れることになり、他のサービスでも審査が通りにくくなる恐れがあります。

また一度に複数のキャッシングに申し込むことで、信用情報機関ではそれだけお金に困っている……つまり返済能力に疑いがある、という判断をされてしまいます。

キャッシングの審査基準は年収、勤続年数、ローンの履歴など様々ですが、アルバイトでも通りやすいものや、主婦でも借りられるキャッシングなどそれぞれ特徴とセールスポイントがあります。

自分に適したキャッシングをよく検討して申し込むことで審査の通過率を上げましょう。

いかにして返済額を少なくするかが大事

先日カードローンを利用する機会があり、10万円を17%の利率で借り入れをしてきました。人生で初めてカードローンでお世話になった会社も今回が3回目の利用で、毎回利息が発生していましたのでこれが当たり前だと考えていました。

知人と居酒屋で飲んでいたときにそのことを話すと、どうして利息を払うようなマネをするのかと叱責されてしまいました。彼によれば、カードローン利用では利息を支払わないようにする手段がいくつも存在しており、これを利用しないと大きな損をしてしまうとのことでした。相変わらず世間知らずの私は関心されられっぱなしでした。

飲み会もそこそこに帰宅してからアドバイスしてもらったことを検索してみると、カードローンには無利息サービスなるものが存在することが分かりました。そこでようやく、今までに借り入れを行っていた会社のサービスが充実していないことを思い知らされたのです。

マイナーなものを好む性格のため、人知れずカードローンサービスを提供している会社を贔屓にしていたことが裏目に出てしまいました。

今回の件で、無利息サービスを活用して返済額を少なくすることの大切さが理解できましたので、今後の借り入れでは得た知識を活用してお得に借金をしたいです。

カードローンの無利息サービス

カードローンの無利息サービスが人気です。

以前は、消費者金融会社のサービスでしたが、最近では銀行カードローンの中にも無利息サービスを提供するところが出てきました。
このサービスが、特に初めてカードローンを利用する方に好評で、カードローンの新規客を呼び込むことに役に立ちます。

当初は、1社のみのサービスでしたが、徐々に広がりを見せています。

現状、提供されている無利息サービスには、いくつかの種類があります。
最もポピュラーなのが、初めての利用者限定での30日間無利息サービスです。

これは、契約日から30日間は金利がゼロといいうものです。

短期の資金ニーズにはありがたいサービスです。
ただし、契約日からであり、借入日からではないので注意が必要です。

次に、前述の30日間サービスと同じく契約日から90日間は借入金額の5万円まで無利息サービスのどちらかを選択するタイプです。

どちらが得かはシミュレーションの必要がありますが、このサービスを提供している会社のHPで簡単に計算することができます。

以上2つのサービスは、初めて利用者限定となりますが、3つ目は何度利用しても7日間は無利息というサービスです。

実は、このサービスが最も古く、昔から人気のあったサービスです。
給料日前等の短期ニーズにはもってこいのサービスです。

 

キャッシングの利息は今後下がる?

キャッシングは消費者金融や銀行が行っているサービスですが利息は15~17%くらいが一般的でした。

キャッシングの魅力はお金を借りたいときにすぐに貸してくれるという点で、無人契約機に行って審査に通ればすぐに融資してくれるのが最大の魅力です。

一方デメリットは利息が高い点です。
通常の銀行融資に比べると半端なく高く借りてすぐに返済しないと、どんどん返済額が膨らんでいくというデメリットがあります。

そんなキャッシングですが最近10%以下の利息で借りられる銀行が出てきました。

消費者金融ではこうした低い利息で貸してくれる会社はありませんのでかなりオトクに借りられることになります。

銀行の通常の融資は2~3%くらいですので、銀行にとってキャッシングはとても儲かるビジネスだということになります。

今までキャッシングの利息はどこの会社も同じでしたが、こうして利息を下げる会社が出てくると今度他社も追随して来るだろうと思います。

無利息キャンペーンも以前は考えられませんでしたが、1社がやり始めるとすぐに一般的になりました。
またスマホやパソコンで申し込みから審査、実際の融資まですべて完了するサービスも今では一般的です。

比較をしてから借りる事が大切です

生活をしていると大きな買い物をしたり、旅行に行ったりして大金を使う事ってあると思います。

そのような時に、手元のお金が無くなる事もあります。

一時的な状況であれば貯蓄を崩す事も一つの方法ですが
貯蓄をしていない方や収入が少なく月々の生活で一杯一杯の方もいます。

そのような時に、自力で工面をするとしたらキャッシングになります。
キャッシングは自分の返済プランをしっかりと守って返済する事が出来れば問題ない物になります。

しかし、キャッシングをするとなれば様々な業者がある為、
どこに借り入れを依頼すればいいものかわからないものです。

駅などの看板を見るだけで、2、3社の看板があったりという事もあります。

何も知らずに店舗に入ってしまうと、
すぐに借り入れの申し込みをしなければならないという事があるので気を付ける必要があります。

全く知らずに借り入れの申し込みをして、
後々調べてみたら利率が高かったということはよくあります。

そのような事にならない為には、
事前に自分が借り入れに行こうと思う店舗をインターネットで比較する事が大切です。

インターネットには、利息などの情報が掲載されています。

その為、比較を自宅でも出来ますし初めの方でも情報を知った上で
借り入れの申し込みをする事が可能なので安心できます。