消費者金融などからの借り入れに適用される総量規制とは

個人が手軽にお金を借りられるサービスとしてクレジットカードのキャッシング枠や消費者金融のキャッシングなどがありますが、これらのサービスを利用するにあたっての注意点として総量規制の存在があります。この総量規制とは消費者の年収に応じて借りられる金額に上限を設け、借金のし過ぎによる自己破産などの深刻な事態から消費者を保護する目的として施行されています。

そのため、クレジットカードのキャッシング枠や消費者金融のキャッシングなどを利用してお金を借りる際には最大でも自分の年収の三分の一までしかお金を借りられない決まりになっているのです。この総量規制による借入制限は一社ごとではなく、貸金業者からの借入金の合計額となっているので、その点については注意しておく必要があります。