消費者金融の審査に落ちる2つの理由

消費者金融にキャッシングの申し込みをすると審査が行われますが、場合によっては落ちてしまう事もあります。審査に落ちてしまうとお金を借りる事が出来ないので困ってしまう事もあります。しかし利用条件に該当していて普通の状態で審査を受ければ基本的には通ります。そこでなぜ審査に落ちてしまうのか理由を確認していきましょう。

・返済能力がないと判断される落ちる

消費者金融の審査では返済能力がある事を最も重視するのでないと判断されたら落ちてしまいます。まず月々に無収入の状態があると収入が不安定で返済能力がないと判断されます。また収入が安定していても他社からの借り入れが多いと返済能力がないと判断されます。審査が通るためには月々に一定の収入を得るようにして他社からの借り入れもない状態にしておく事が大切になってきます。

・総量規制に接触していると落ちる

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借入希望額を申請してしまうと審査に落ちてしまいます。審査が通るためには総量規制に接触しない事が大切になってくるので年収の3分の1以下の借入希望額を申請する事が大切になってきます。申し込みをする時の借入希望額の申請の仕方には注意しましょう。