キャッシングの返済を遅延したときには

キャッシングの返済を遅延しようとして遅延する人はいないでしょうが、うっかりと返済日を忘れていたとか、どうしても返済金額が足りないということはありえないことではありません。
しかし、キャッシングの返済を遅延してしまうとペナルティが課せられますので注意が必要です。キャッシングの返済を遅延してしまうと2つのペナルティが課せられる場合があるのです。

一つ目は遅延損害金が発生します。キャッシング業者によって多少は違いがありますが、ほとんどのキャッシング業者の遅延損害金は20%という高金利になっています。
通常の元本にかかる金利と遅延損害金をあわせて支払わなければならないので大きな負担になります。

もう一つは返済を遅延してしまうと信用情報の履歴に記載されてしまうことです。
3ヶ月以上の遅延を続けていると長期返済遅延ということでブラックリスト入りになってしまい、以後のキャッシング利用に大きな支障が出てしまいます。
3ヶ月以上でなければかまわないということではなく、たった一日の遅延であってもブラックリスト入りにはならないものの信用情報に履歴として記載される可能性はあるのです。

キャッシングの返済の遅延は絶対に避けるべきものなのです。