カードローンを利用して大変だった事、思った事

私は原因不明の体の不調により、1ヶ月半仕事に行く事が出来ず、アルバイトだった為給料が支払われる事もありませんでした。

病院を何件も受診しましたが、どの病院でも原因は分からず、ストレスの可能性がありますねとの事だったので手当てを受け取る事も出来ず。

仕事復帰後もリハビリを兼ね勤務時間を短くしてもらっていた為、給料は学生バイト以下に。

色々な支払い、生活が出来ずカードローンに頼りました。

とにかくお金をなんとかしないとと思い、毎日不安でお金の事ばかり考えていたのですが、カードローンによって手元に現金が出来た事に安心しました。

しかし、2ヶ月分の給料分を借り入れたのですが、返済がとても大変でした。給料自体そんなに多くなく、少しずつしか返済できなかった為、当然の事ながら利子がどんどん増えていき、実際に支払ったお金は仕方の無い事ですが、借り入れ額よりも数万円ほど増えてしまいました。

それに借金がある内は少し後ろめたさがありました。してはいけない事に手を出してしまったと後悔した事もあります。

無事返済完了してこれでやっと終わったとすっきりしました。

生活に困ったり、急な出費等お金が必要になる事があると思いますが、まずは信頼できる方に相談してみてはいかがでしょうか。

カードローンは最終手段、と思った方がいいと思います。借り入れる前はすぐ返せると思っていても、いざ借り入れると中々返済が終わらず苦労しました。

ご利用は計画的に、これが本当に難しい。返済しては借りての繰り返しにならないよう気をつけてください。